ALEX NEW TOWN 木の情報プラザ フラワーギフトショップ 防災資料館 セレクトショップ アレックス株式会社
アレックス防災資料館へようこそ
防災用品商品一覧へ
ご相談下さい!防災対策
  まず何から準備したら良いかわかならい方、是非一度ご相談下さい
防災用品購入ポイント[工事中]
  防災対策あれこれ、防災用品について等。
防災の心得
  イザというとき慌てないために
HOME防災の心得>7.これだけは用意しよう<阪神大震災ではこんなものが・・・>
防災の心得 〜イザというとき慌てないために〜
<東京都港区役所総務部防災課発行「大地震に備えて」より抜粋>
<< 防災の心得 INDEX

[7] これだけは用意しよう<阪神大震災ではこんなものが・・・>
■常持ち出し品
■非常備蓄品
地震後の生活を支えるもので、1人3日分程度をめやすとして備蓄しておきましょう。
阪神・淡路大震災で活躍した物・・・こんなものが役立った
未明の街を襲った阪神・淡路大震災。地震の直後には、家屋や家具の下敷きとなった人を救助しようにも、救出救助道具はほとんどありませんでした。
そんな状況の中で、みんなで協力して自宅からあらゆる物を持ち寄り、工夫して利用しました。救助活動や避難通路の確保に特に必要とされたのが、バール、ノコギリ、スコップなど。すべて揃っていれば理想的ですが、無理な場合はスコップ1本でもあれば、何とか対応できます。また、家具やピアノなどの重い物の下敷きになって身動きがとれなくなってしまった人を救助する場合には、車用のジャッキがあれば女性でも簡単にタンスを持ち上げることができます。
さらに、倒壊や火事によって住まいをなくし、避難所生活を送った方々には、テントやバーベキューセットなどのアウトドアグッズも大活躍したとのこと。家庭の防災備蓄品に加えておけば、万一の時に役立ちます。
>>次ページ[8]へ
[INDEX][][][][][][][7][][]
disaster@alexgroup.com